SSブログ

遠方仕入れ

今日は雨降らなかったけど、風強く、薄曇り。
静かだったけど、夕方から図録のまとめ買いなどあり。
ひたすら本の入力。

晩飯早めに食べ、閉店後はJRを乗り継いで南区まで仕入れに。文庫とマンガ。いつもながらキャリーバックとリュックがパンパンに。
夜中帰宅後、一人飲んで疲れを癒す。

中村光夫『文学の回帰』読了。
歯に衣着せぬ態度で1950年代当時の文学状況を診断してる。文学の特権的な価値が信じられていた時代が去り、文芸がマス化・商品化して、作家の量産が当たり前になった時代への違和と展望。武田泰淳『森と湖のまつり』への評などずいぶん厳しいけど、思いがけずヴィヴィッドな言葉にぶつかることができ面白く読める。